のぺことばらの日々

日々の暮らしで楽しんでいる事・・・ただ今ブログお休み中です

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

国別対抗戦2日目を見てきました③  

フィギュアスケート国別対抗戦を見にゆきました。

男子シングル フリーを見た感想です^^
【男子シングル フリー】
小塚君、アモディオ君、リッポン君は、既にショーで見た事のある選手でしたが、他は初見で楽しみ♪
最近、「滑りがキレイとはどういうことだろう?」と興味を持っている私としては、
滑りが別格という噂の4選手(高橋さん、小塚君、アボットさん、パトチャン)が楽しみで仕方なかったです。

演技順です。
最初の3名は、よく知らなかったので試合前に事前調査しました。

①ロシア:ジャン・ブッシュ(19歳)
ジュニア世界選手権5位。コーチは、アレクセイ・ウルマノフさん。
プルシェンコ似(容姿)のヤグディン似(演技)という噂。
FD曲:ハンス・ジマー「ロック」より

②ロシア:マキシム・コフトゥン(16歳)
ジュニアグランプリファイナル4位。コーチは、モロゾフ。
滑りがぼちぼち良いという噂。
FD曲:オースティン・パワーズより「ジョージ・クリントン」

③イタリア:パオロ・バッキーニ(26歳)
とりあえず以前の演技をなんとか探して予習。ユニークそうな感じ。

④イタリア:サミュエル・コンテスティ
⑤日本:小塚崇彦
⑥アメリカ:アダム・リッポン
⑦カナダ:ケビン・レイノルズ
⑧フランス:フローラン・アモディオ
⑨フランス:ブライアン・ジュベール
⑩アメリカ:ジェレミー・アボット
⑪カナダ:パトリック・チャン
⑫日本:高橋大輔


まず、思ったのは、正直言って、全員、見応えのある滑りだと思います。
でも、素人ファンの私から見ても、ジュニアの子はジュニアなんだなあと思いました。
ジュニアとシニアの違いとか、よく言われるけど、なんだか分からなかったけれど、
今回は感覚的に、これなのかなあと思いました。滑りとか、手足腕指の使い方の巧みさみたいですね。

ジャン・ブッシュさん、マキシム・コフトゥンさん、
日野龍樹くんを見た時の見応えと同じくらいの衝撃でした。
得点も、調子の善しあしはあると思いますが、似た点数台でしたしね。
得点的には彼らと近いのですが、3番滑走のパオロさん、
滑りや腕の使い方は、巧みだと思いました。ジャンプが色々残念でしたが、、、
さすが、シニアで長くやっているからかなあ、積み重ねのようなものを感じました。
ジャン・ブッシュさん、マキシム・コフトゥンさん、日野くん、
これからも、どんどん磨きをかけてくるんだろうな^^

次に、1番の見たかったもの、小塚君、パトチャン、アボットさん、大ちゃん。
4人を見て思ったのは、大ちゃんは細かく滑る、上体も細かく音をとる演技スタイルという事なのかなあ?
細かな音を表現するのには、いいのかもね。
小塚君、パトチャン、アボットさんは、大きく、1蹴り長く、おおらかに魅せる演技スタイル?
音楽も伸びやかなクラシックみたいのが似合うのは1蹴りが長いからなんだろうなあ。
こちら3名はよく言う、北米系という事でしょうか。風を感じます。気持ち良いです。
のぺこ的には、滑りの演技スタイルだけ見るなら、北米系が好みみたいです(^^)
もちろん、その他の要素、人柄、容姿、雰囲気とか含めて、また惹かれる選手は違ったりするんですけどね。
どちらのタイプ4選手とも、無駄な力がなく、より綺麗に動いているのが印象的でした。
それがトップのトップに行くための要素なのかしら?

大ちゃんとパトチャンは演技スタイルが被らないから、見ている私としては楽しいです。
大ちゃんは、滑りを見直したり、コンデションを整えたりと努力されてるし、
ジャンプは本田さんも見守っているし、あとは運となんとか、大丈夫なんじゃないでしょうか?
演技は何とも言えない雰囲気を醸し出しながら、いつの間にか終わっていました。時が早い!
大ちゃん演技時の会場の盛り上がりは、TV通り、やっぱり凄いんですね!

小塚君とパトチャンの違いはなんだろう。といつも考えているんですけれど、
パトチャンは滑り自体は、速くて、強くて、華やかに見えるし、
小塚君は美しさ、繊細さを重視しているのかなあと感じました。
どうしてもぱっと見、派手な方に目が行きますよね。
更に、パトチャンの体格は大きいし、衣装も胸を見せてセクシーアピールしているっぽいしね。
でも、美しさ・繊細さは磨けば磨くほど心に訴えるはずだし、気迫も加われば。
頑張れ!小塚君。

といいつつも、
最近パトチャンも、なんだか憎めないというか、好きになってきたんですよね。
点数の付け方が良く分からなくて、順位は謎ですが、、、
あまりに謎すぎて、四大陸から真面目に見つめていたら、ミイラ取りですね^^;
それで、今回見に行ったら、心地良かったです!パトチャンの風のような滑り!
ちなみに、練習見た感じでは、小塚君もパトチャンもジャンプが本調子でなさそうでした。

アボットさんは、当然ながら美しかったです。
でも会場では人前なので、泣けなかったです。
応援しなくちゃと頭がしんみりモードに切り替わりません^^;

滑りと言えば、フローラン・アモディオ君も、美しかったですね。
こちらも大ちゃんと方向性が似た、タイプなんでしょうね♪
足元はスィスィッと綺麗だから、止まって踊る時間がもったいなかったです。モロゾフさん!
プログラム自体は楽しい。会場も大盛り上がり、私も手拍子ダイエットです。

そして、ブライアン・ジュベール様。会場湧かせてくれた良演技でした。
イケメンぶりに目がいってしまいます。すみません^^;演技、恰好よかったです!
もちろん、トップ選手だから、ジャンプとかオーラは素晴らしいです。
イケメンときめき手拍子ダイエットしました。

リッポン君も、相変わらず王子様みたいでした。
これもまた、王子様ぶりに目がいってしまいます。失礼しました。

ケビン君、沢山ジャンプが決まりました。
もう本人がとても嬉しそうで、私も嬉しくなりました。
そして、私も好きなゲーム曲を日本で披露できて、良かったねとしみじみしました。

そして、ひそかに楽しみだったサミュエル・コンテスティさん。
このフリープログラム、大大大好きです(*^^*)
楽しくて幸せな気分にさせてくれますよね。でも少し、悲哀も感じさせたりと。
サミュエルさんの事はよく分からないのですが、ベテランだから、そういう演技ができるのかなあ。
そして、いつも最後らへんの足替えスピンが出来てない所が、
ご本人には悪いけれど、ついつい和んでしまうんですよね^^それすら振り付けみたい。
なんかスピンが上手すぎる選手が多いから逆に安心するというか、、、
今回は、わりと足替えスピンが上手くゆきました。良かったですね。
それと、ジャンプが幅があって見応えがありました。

選手の皆様、ありがとう!お疲れさまでした!
来季もがんばってくださいね!

お・ま・け
帰り道、原宿駅に向かう歩道橋が込みすぎていて、怖かったです。
そのため、反対方向に進んでみたら、

なんと!!!帰りのバスに乗り込むスケーターさん達を発見しました!
D選手好き、K選手好きの方と自分へのお土産にしたいなあと、
一所懸命に撮影したけれど、全て心霊写真です^^;
この記事を読むほどのお好きな方でしたら、誰だか分かりますよね?


ないしょの写真ないしょの写真

ないしょの写真

ないしょの写真

ないしょの写真ないしょの写真
さーて、誰でしょう(^^)♪

それと、
結弦くんがカナダ修業に行く事になりましたね。
しかも、ブライアン・オーサーさんがコーチになるそう。
いつかは、より高みを目指し、新しい自分を探しにゆくのだろうなと思っていたけれど、
なんだか嬉しいけれど、、、悲しいような寂しいような、と思ってしまいました。
オーサーさんの噂は心配ですが、カナダは環境が良いらしいので、
秋には、成長した姿、今までとは違う演技が見られたらいいなと思います。
楽しみにしてます。
本当は、歌子先生みたいに、ナナミさんがダブルコーチだったら良かったのにな。
(実は、そこが1番寂しいポイントかも・・・)
頑張ってね(^^)

category: フィギュアスケート

tb: --   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。