のぺことばらの日々

日々の暮らしで楽しんでいる事・・・ただ今ブログお休み中です

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ジャパンオープンも見に行ってしまいました^^;②海外選手  

ジャパンオープンの感想の続きです。
技術は勉強中なので印象だけですが、海外選手についてです。

パトリック
ジャッ、ジャンプが~(転倒4回・回転不足2回・連続ジャンプできず1回)
びっくりしました!!!練習の時は、まあまあ決まっていたような。
過去動画を見ると、もともとジャンプ不得意っ子みたいだし(^^;
コーチを変えた影響とかあるのでしょうか?!(本人は否定してますけど。。。)
パトリックも人の子のはずなので、諸事情で練習に油断があったのか?!とか想像してしまいました。
(本人的には、新環境になじむのに時間がかかるタイプで、不安が出てきたとインタしてましたけどね。)
心配だけど、自分なりの滑りで、今まで台のりしてきた選手だから、克服すると思います。
とりあえず、カナダ杯まで、少しでも復調できたらいいですね。どうなる事やら。

滑りは、いつもどおり、美しい姿勢で、豪快爆走してるようでしたが、
いえっ若干、勢いが抑えている部分も感じました。。。
それが、「ラ・ボエーム」の悲しい結末に合わせてなのか、今日の出来なのかは気になる所です。
スピンが、のろく感じました。実際、レベル3になってました!
最後のコリオシークエンスが、国別のアランフェスに比べると、のろめに感じました。
上から見た動きとしては、アランフェスに似ているから、余計そう感じたのかも。
たぶん「彼女が亡くなり、悲しむシーン」なので、本人比で、ゆるいスピードかなあと想像したりしました。
中間のステップシークエンスは、彼らしいチャーミングさ満載で、足取り軽やか、爽やかでした。
友人も練習中、ここのステップを見て「たしかにカッコいいかもね」と言ってました。少し嬉しい。

TVで見返したら、とても心を込めて演じてるのですね。
私的には、顔の表情は適切で良いと思います。ちょっとウルっとしました。
腕や上半身で感情を美しく魅せる事も、良くなってきている気がします。
超得意な選手や天然オーラのある選手に比べると、及第点かもしれないけれど。
パトリックは、心にしみる演技で認めてもらいたいんだろうなと、勝手に想像するこの頃です。

衣装は似あっているけれど、ほんの少しキラキラ入れてほしいな。男子で一番地味でした。
「お金のない、夢を追いかける青年」の役だから、これなんだろうな。でも、ちょいキラ希望。


プルシェンコ
初、生プル様です。本当に見られて、高いチケット買って良かったです。
オーラは当然として、一つ一つの腕先・指先・上半身などの動きが、、、
もう引き込まれてしまいます。美しいし、プル様をずっと見たくなる。
そして、最も感動したのは、心意気みたいなもの。
ジャンプなど、疲れてくるにつれて、回転不足とかになってくるけれど、
飛んでやる、魅せてやるという意地を感じました。
そういうのが嬉しいです。だから根強いファンがいるんだろうなあ。
個人的には、最後の必死の白鳥?みたいなステップが大好きです。おもしろい(^o^)

衣装は、男子で1番キラキラしてました。さすがプル様。(次にキラキラは、大ちゃん)
練習前では、いち早く立って練習始まるのを待ち、いち早くリンク入りしてました。
やる気満々の所がなんともです。


ジェフリー・バトル
やっぱり、ジェフさんは凄いと再認識するばかりです。
音楽に合わせて、感情を分かりやすく、
姿勢・腕指・顔の表情・滑りを統合として、無理なく、無駄なく、美しく。
見入りますね。ショースケーターとして観る事ができて、幸せに思えます。
もちろんスタオベしました。


ミハル・ブレジナ
ミハル君も初めて、肉眼で見ました。滑りが綺麗だと思いました。
昨年のプロなので、見慣れ過ぎて、印象が薄いんです。ごめんなさい。
話がそれますが、動画で見た、新SP「はげ山の一夜」が気に入りました。
腕や指先の使い方が素敵で、アボットさんがザ・アイスの男子群舞で使っていた、
くぐりぬけ美ポーズみたいなのが決まっていて、雰囲気が良いプロ。
こちらが見たかった。わがままな私(^^;


レオノワ
私も、友人も、女子の中では、滑りに勢いやスピード感という点で、見応えを感じました。
詳しくないので、それがスケーティングの良さと関連するかは分からないのですが、、、
見ていて、ダイナミックさがあるのは、結構すきです。
ステップは、もたつき感を感じる事があるのですが、今回は、比較的スムーズに見えました。
音楽的にも、すっと見やすい、良いプロだと思いました。
いつも、衣装やメイク・髪型が実は楽しみなんです。レオノワちゃんは、色々やるので(^^)
衣装も綺麗で、細めに見えるし、赤花の髪飾りが素敵、全体的に可愛さと情熱さがあって良かったです。


ゲデバニシビリ
ジャンプが少し、残念でしたが、チャーミングでセクシーさがある、
ゲデ子ちゃんを生かした、素敵なプロだと思いました。
キスクラでゲデ子ちゃんがハートマーク作らないかなあと楽しみにしていたのに、
何に気を取られたのか?見るのを忘れてしまいました。トホホ。。。


ザワツキー
ジャンプとかスケートでの移動とか、おとなしめな出来に見えました。
昨年のプロなので、見慣れ過ぎて、印象が薄いんです。すみません。
ザワ子ちゃん、本番の大会で、調子を上げられますように。


ワグナー
素敵なプロで、技も決まってたし、上々の迫力の演技、スタオベしました。
アシュリ―ちゃんらしい気迫が伝わってきて、良かったです。
気迫や情熱系の表現が得意なのは、一瞬のつかみの勝負では武器になる事だと思いました。
この音楽は、定番なんだろうけど、頭に残りますね。
今、ブログに書いているだけで、頭の中を駆け巡ります。恐ろしい音楽だなあ♪
衣装は、スタンド席から見ると、肌と同化して、すこし目立たないのが、ちょっと悲しいです。
TVで見返したら、上品さもあり、キラキラも綺麗で良いなあと思いました。
とりあえず、ジャッジ席やアリーナ席で観る分には、素敵衣装だから大丈夫だね。


感想は以上です。長文で、すみません。

選手の皆さん、本番大会で、なるべくベストを出せますように。
がんばれp(^^)q

category: フィギュアスケート

tb: --   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。